アッそれはダメ1 見て見ぬふりのお母さん

小学生 むだ毛 処理,女の子 無駄毛
子供さんが自分のムダ毛に悩んでいるときに、お母さんが見て見ぬふりをしてしまうのは一番いけないことです。
子供さんもなかなかムダ毛について言い出せない状況のこともあります。
学校で男の子に「髭がある〜」「お父さんと同じくらい毛深いな」「同年代の女の子に毛が生えているね」などの些細な言葉でも子供さんは傷ついています。
何度も、自分の腕を見ていたり、顔のムダ毛をチェックしているようなら思い切って声をかけてあげましょう。
お母さんから見て全くムダ毛が見えないようでも、実は小学生の子供にしてみると結構気になることもあるのです。
じっくり話を聞いて、対処が必要ならムダ毛対策を一緒にしてあげましょう。
もし、気づいていても何もしないと・・・
小学生 むだ毛 処理,女の子 無駄毛
子供さんが勝手にお母さんのカミソリを使用して流血事態に!という体験談を聞いたことがあります。

 

お子さんのムダ毛処理の方法

ムダ毛がそれほど濃くない時には抑毛ローションで徐々にムダ毛が目立たなくしてあげることが一番ですね。
お母さんと一緒に使うと安心でしょう。

 

お母さんから見てもムダ毛が濃いなと感じたら、まずは綺麗にしてあげることが一番です。

安全シェーバーでそる

シェーバーの歯が当たると、子供さんの肌は傷ついてしまいます。深剃りではない女性用のやさしいシェーバーを使用しましょう。
間違ってもお父さんと同じものを使うのはやめましょう。

 

脱毛クリームでムダ毛をきれいにする

小学生でも高学年で肌が強い子供さんなら脱毛クリームを使用することも考えましょう。
この時には肌に優しい、天然素材など有名メーカーで相談室が設けられているところや安心安全を一番に考えるといいですね。
ムダ毛処理にはパイナップル豆乳除毛クリーム

 

抑毛ローションならお子さんの肌にも安心です。
パイナップル豆乳ローション>>

 

コントトールジェルME>>

 

エステに行ってみる

かなりムダ毛が濃い子供さんの場合は自己処理を繰り返すことで肌トラブルになったり、サメ肌になったり、ぽつぽつが消えなくなるという場合もあります。
このようなときにはエステでの脱毛をするのが一番です。
料金も高くなく気軽に通えるのでいいですね。

 

キッズ脱毛のエピレ
見て見ぬふりをしてしまう